スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== チョークミストで生地染め 

2013/08/27
Tue. 16:52

Dyeing-12-2.jpg


タタードチョークミストをつかった生地の染め方をご紹介します!

入荷した新しいカラーを使いました。

Dyeing-13.jpg

Dyeing-12-3.jpg


薄い綿生地を使用して染めています。

小さめの入れ物によくふってからチョークミストを少しだけ入れます。
私はとりあえずあった100均のタッパですが、ちょっとミストの量に対して深いので、
小さめだけど、口広の浅めの入れ物が良いと思います。
お砂場バケツなんて丁度良い感じ。

Dyeing-1.jpg

染めたい生地をくちゃくちゃにまるめてつっこみます。

Dyeing-2.jpg

しゃっしゃと表面にミストをつけて、

Dyeing-3.jpg

ぎゅ~っとくちゃくちゃのまま丸めて絞ります。

Dyeing-4.jpg

生地をいったん広げてたたみなおし、雑巾絞りで全体に色をしみこませます。

Dyeing-5.jpg

広げるとこんな感じ。

洗っていない生地なら最初についたところ以外ははじいてる状態ですので、
そのままあげて絞ると、見た目は全体に色が入っているように見えますが、
洗うと、絞って広げた箇所は薄くなってますので、味のある染まり方になります。

きれいに1色に染めたい場合は、一度生地を洗ってから、
きれいに折りたたんで生地全体をミストに浸し、浸浸させれば絞りみたいな柄はでません。
お好みで方法をかえてもらうとよいですね。

Dyeing-6.jpg

足りないくらいの量をいれてはじめていただいたほうが良いです。
残ってしまった場合は、ボトルに戻すか、
次々布をきってひたしていってください(笑)

1色染め終わったら、ラップの上において、ぬれてる状態で他の色と重ならないようにします。
ラップなら最後洗濯機に持っていくまで、そのまま小さく丸めてつつめるので、
まとめて生地を持つことも可能。

タッパを洗い流しきれいにふき取り、手袋は、はめたまま手を洗うか、
あたらしいものにかえて、次の色をいれていきます。

ちなみに、私は手袋はちゃちゃっとペーパータオルで拭くだけで一度も取り替えず、
タッパもペーパータオルでふき取るだけで、染め中一度も席をたちません(笑)
なので、あっちこっちに違う色がついてます^^;
特に絞る作業の際に、指の隙間に残ってる前の色がついちゃうんですね。。。
手拭用に、雑巾をぬらしておいておこうといつも思うのですが、忘れます。


まぁまぁ、段取りをしっかり頭にいれ、手がまともに使えない状態でも困ることのないよう、
下準備をしてからはじめてくださいね!

そして洗濯機に入れる際には、少し水を入れた状態ですべての生地を入れてください。
水の中なら色が混ざりません。

何も入ってないカラの状態でポ~ンポ~んと放り込むと、
重なった部分だけに色がうつってしまいます。

原液だと頑丈なミストですが、水を混ぜられるととたんに弱まるようで、
水の中なら、一緒にいれられて折り重なっても、色移りはしません。

ちなみに、私は洗剤も柔軟剤もドボドボいれて洗ってます。
なくてもいいけど、切り口のふわっとした感じは、柔軟剤が入ってないと、
控えめになるような気がして^^;

あと、チョークミスト、カラーウォッシュのみで色を染めた場合は、
熱で定着させなくても、色は残ります。
少しでも濃く残したい場合は、前回ご説明したように
1枚ずつアイロンで色を定着させて、一度乾燥させてから洗濯すると良いです。
今回は、乾かすのは面倒なので、染めた後そのままで洗濯しています。



ではでは、染めた直後、洗濯後を画像でご覧下さい!

Mantis

Dyeing-7.jpg


左 Bittersweet 、 右 Canary

Dyeing-8.jpg


左 Sky 、 中央 Teal High Heel 、 右は、一度も使ったことなかったミストなので、
どんなものか染めてみましたが、一番濃いのに洗ったら行方不明(笑)
まったくの無色にしあがりました。。。水性レインカー的な感じだったんですね。

Dyeing-11.jpg


Gerber 、 中央 Fire 、 右 Polka Dot Pink

Dyeing-10.jpg


Decadence

Dyeing-9.jpg


この中のどれかが  London Fog  となります^^;
たぶん一番上だとおもうんですよね。

FabricCard-9.jpg



そして、お洗濯後はこうなりました!

この3色は淡いので画像ではわかりにくいのですが、
黄色がレモン、オレンジがハチミツ、黄緑がマスカット といった具合に、
違いがちゃんとわかります。
この3色かわいいですよ!

Dyeing-17-1.jpg


こちらの中央スカイも淡いので画像では白に見えますが、
うっすら水色の絞り柄がはいっています。
となりの色とグラデで使用したり、お絵かきを楽しむためのキャンバスにするにはもってこいです。

左の茶色は、ミルクティー色といった感じ。これもきれい♪

Dyeing-17-3.jpg


こちらはピンク系3色

違いがこれも画像ではわかりにくいですが、左のファイヤーは明らかに違いのわかる濃い目のピンク、
あとの2色はほぼかわりない淡いピンクとなります。

Dyeing-15-1.jpg


ちなみに、先ほど紹介したチョークインクも、洗濯しても大丈夫です。
リボンにパッドを直接なすくりつけて色を入れたものを洗ってみました。
普通に、洗濯物に混ぜて洗っても大丈夫です。

ファブリック作品へのスタンプもチョークインクを使用していただくと、
洗濯後の色の濃淡もあまりないのでおすすめです。

Dyeing-18.jpg



洗いをかけた生地は他の洗濯物と一緒に洗っても色落ちしないというのは、
私が数回行った結果ですが、必ずしもそうとはかぎりません。
色染めの際、洗濯時のトラブルは、当店では責任を負いかねますので、
自己責任において行ってくださいね^^;




紹介したチョークミストも、チョークインクと同じく、本日22時より販売開始です!

scrapbits



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/477-fe0f4019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。