スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== マスクを使った12''レイアウト "Believe" 

2009/12/05
Sat. 22:37

G45-sam1.gif

Graphic45 Communiqueと、
新入荷商品 Tim マスク タイムワークを使ったレイアウトです。

サンプル用の写真をご提供いただいたTさん、3枚目仕上がりました!
今回は写真汚してないと思います(笑)

======================================

ペーパーが決まったら、まず一番にマスクをかけます。

クリアシートからマスクをはがし、ペーパーに貼り付けます。
ダイカットされてる部分も、細かいと一緒に本体についてしまったまま、
貼り付けてしまう場合があります。
よ~くみて、すべてカットされてる部分がはずれていることを確認してください。
Mask1.gif

数字の間の部分がとくに残りやすいので、気をつけてくださいね。
ついたままだと、数字がきれいにでてきません。
ついたままインクをつけても、カット部分を取り除いてから、
柄をあわせてまた貼れば大丈夫ですが^^;
Mask2.gif

アプリケーターツールに、スポンジをつけて、
好きなインクでぐりぐり回し押しするようにマスクの上をなぞっていきます。

アプリケーターのハンドル部分だけもって使うと、ハンドルが取れることがあります。
必ず本体を持って使用して下さい。
黒のハンドルが取れてしまったら、グロッシーアクセントをタップリつけて、
付け直してくださいね!
Mask3.gif

今回の作品には、ディストレス ウォルナッツステインを使用しています。
すべてなぞり終えました。
Mask4.gif

軽く表面を拭いて、マスクについたインクを拭きとります。
Mask5.gif

はがしたら、元のクリアシートへ戻します。
Mask6.gif

はがすときれいにマスクの部分だけインクがつかず、柄がつきます。Mask7.gif

マスクの周りをぼかすように、汚しをかけます。
今回の作品には、新入荷カラー オールドペーパーを、
ウォルナッツステインのついたスポンジのまま使ってぼかしました。
区切れ目がぼけたら完成です。
Mask8.gif

この後、ペーパーディストレーサーで4辺すべてを削ります。
ところどころ、手で破くところもつくり、全体的に12''より心持小さめに仕上げます。
Mask11.gif

手でてきとうにくしゃくしゃにして、広げてから、
ウォールナッツステインで汚しをかけます。
マットや他のパーツもすべて同じようにして作っておきます。
Mask9.gif

コーナーのひいらぎは、100均の葉っぱを使用しています。
アディロンゴールドを全体に塗り乾かします。
アディロンエスプレッソで、新入荷スタンプ クリエイティブテクスチャーを押します。
believe-step3.gif

乾いたら、アディロンパールで、同じスタンプをもう一度押します。
これでヒイラギの葉は完成です。
中央の赤い実は、ウッドビーズにリボンを通して3個まとめています。
believe-step4.gif

写真横のペーパーの右上の NOEL は、
Graphic45のダイカットアルファベットを使用しています。
白い部分は切り取って、黒丸にしてくしゃっとさせ汚します。
believe-step5.gif

上から、クラックルペイントのクリアロックキャンディを塗ります。
believe-step6.gif

NOELは浮いた状態のまま上からたっぷりクラックルをのせて塗ります。
塗る方向や、塗れていない部分など、あまり気にせず、
適当にブワ~っと塗っちゃってください。
believe-step7.gif

乾くとこんな感じにひび割れます。艶あり。
believe-step8.gif

タップリ塗ったNOEL部分も、くしゃっと感を残して、
浮いた状態のままひび割れています。
believe-step81.gif

タイトルの【 BELIEVE 】を、グランジで作ります。
でかい"b"は、グランジアルファベット、小さいのはミックスミニを使いました。
アディロンブラックで全体を塗りつぶし、乾いたら表面をやすり、
はげた部分に、ディストレス をアプリケータースポンジで塗りこみます。
believe-step9.gif

最後に、一番下に使ったBooBunny コーヒードットペーパーを、
ペーパーディストレーサーで削ります。
believe-step1.gif

汚しをかけても見えないので、今回はインクパッドを手に持って、
直接削れてる部分に、ぱっぱとつけます。
全体につけるのではなく、所々インクをつけてくださいね。
believe-step2.gif


ワードキーにリボンをつけて、ボーダーにナチュラルトリムを、
ギャザーではなく、プリーツ?ダーツ?に縫って使ってます^^;
リボンをとめたブラッドは、MM ビンテージブラッド コッパー です。
believe-step10.gif

believe-step11.gif

削る・汚すが多いので、ちょっと汗かきますが、
すごく楽しいです(笑)

 
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/47-b7517fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。