スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== ハロウィン かぼちゃ作り 

2012/09/20
Thu. 10:59

Halloween2012-6.jpg


生地やグランジでかぼちゃ作り!

小5の姪っ子が住んでる地区では、お菓子を用意しているお家は、
このかぼちゃの提灯が目印なんだそうです。

私の住んでるところでは、提灯どころか仮装してるこどもすら見たことありません(笑)

隣の地区とはいえ、目と鼻の先に住んでるのに。。。

まぁ、毎年友達と仮装して近所を練り歩き、ハロウィンを楽しんでる姪っ子のために、
ハロウィンのお飾り作ってみました(*^_^*)

Halloween2012-3.jpg


使用しているのは、顔がCanvasCorp CanvasShape Round 、
帽子が BurlapShape Triangle となります。

ティムのマグネットダイを使って、顔をくりぬいて色をつけてます。

顔色は濃淡が出るように、チョークミストやカラーウォッシュではなく、
レインカーやグリマーミスト系を使うと、勝手に味のある色付になります。

今回は、普段でも愛用しているカラー、ディストレス ラスティヒンジ のレインカーを使用。
この色、特にハロウィンにはかかせない色です♪

水で薄め、筆でたっぷりと塗りこみます。
しみこむ前に、ペーパータオルですいあげると、浸透したところとしていないところで濃淡がでます。


ハロウィンらしく、トイアプリで色を触った画像をのせてるのでわかりにくいですね。
なので、こちらが本物の色の画像。

なんだよこっちの色で全部みせろよってね"^_^"

口元がオレンジになっているのわかりますか?
夜だとわかりやすいのですが、2枚合わせのキャンバスなので、ダイで抜いたところから、
黒の薄葉紙を差込、後ろからキャンドルライトが見えるようにしています。

Halloween2012-14.jpg


帽子は、ライン部分にマスキングを貼って、グリマーミストHaunted Shadows を、
きれいに色が入るまでしっかりと吹きかけます。

キャンバスも麻も、紙に吹くより濃く出るので、好みの色より1段明るめ選ぶと良いです。

ラインの部分のマスキングをはがし、そこへ真っ黒のレインカーで色付けした、
麻コードを結び、稲穂のような天然素材を差し込んでいます。

Halloween2012-8.jpg


ハロウィンの文字は、ミニトライアングルに、ディストレスインク黒とラスティヒンジで色をつけたチップボードを、
3枚にわけて貼り付けています。

トライアングルには、帽子の紫系とグラデになるように、
チョークミスト Concord を使用。

Halloween2012-4.jpg


ハッピーとハロウィンがこのままだとちょっとかぶってしまうので、
姉の玄関先においたら、左上にくるように、バナーだけ吊り下げてもらうつもり。
道具と部品一式にして渡しても、たぶんこのまま飾られるんだろうけど。。。

Halloween2012-9.jpg



そして、小さなかぼちゃの飾りは、グランジペーパーとモールドで作成します。

シーズン終わったらポイしてもらえるように、購入した木などのお飾りではなく、
紙で作ったものにしました(^_^.)

Halloween2012-7.jpg

こちらも顔と同じく、ティムホルツのマグネットダイを使用。

そのままのサイズを4枚と、それをベースに一回り大きめにはさみでカットしたものを1枚作りました。

立体的に見えるように、色付けはモールドを使用します。
ライトハードクラックル とお持ちのもので作ってみてくださいね。

今回は、仕上がりがやわらかいライトを使用。

ラスティヒンジ ディストレスレインカーを数滴まぜで、薄めの色を作ります。

たてに筆あとをいれ、かぼちゃのデコボコ感をだします。
Halloween2012-10.jpg

同じものに数滴同じ色を足し、濃い目の色を作ります。
2枚ずつ色を変えてみました。

Halloween2012-11.jpg


最後に、ディストレスレインカー ヴィンテージフォトを混ぜ、
へたの部分の色をつけます。

これで乾けば完成!

グランジペーパーがベースだと、後からの形付けもらくらくです。

ただ、クラックルはひびが入っている分、力強く曲げたりするとそこからボロッととれます。
形をつけたいなら、まだ完全に乾ききっていないうちに曲げたりして加工してくださいね!

Halloween2012-12.jpg


出来上がりがこちら。
これもこっちが本物のの色の画像です"^_^"

かぼちゃもどんぶりも同じようにして作っています。
なんか楽しいですよ♪

Halloween2012-13.jpg

モールドを使えば、ダイカットもかなり雰囲気が変わります。
この後のクリスマス系の飾りにも活躍します♪

あと、ハードとクラックルの保存ですが、
大きなジャーボトルなので、半分くらいまで減ったらふたを閉めていても乾きやすいです。

小さなジャーに移し変えて、できるだけ空気が入らないようにすると、
最後まで固まらずに使い切ってもらえると思います。

作業中のふたのあきっぱは特に気をつけてください!
クラフトシートに適量だして、ふたをしめてから作業してもらうのが一番安全です!(^^)!

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/412-33d67974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。