スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== Christmas Mini Tag Album Kit 

2011/12/03
Sat. 17:10

SBM-1-1.jpg

しつこいくらいにサンタが続いているので、そろそろこの辺で終わりにします^^;

最後のサンタブックは、ミニタグやATCカードが収納できるポケットミニアルバムです。

今回はトランスファーよりも、タグの作成法を参考にしてもらえたらと思います。

中央はワックスもマスキングのトランスファーも使っていません。

ザラ紙のコラージュ素材・コラージュに適しているペーパー・アディロンペイント、
エンボス・スタンプと、素材を透けさせるものは使用していませんが、
両となりのトランスファーのタグとかわらないでしょ?

詳しくはこの後ご説明しますね!
SBM-10.jpg

まずアルバム本体は、3''x4'' ミニカバーに、セブンジプシーズのATCポケットを使用。

ここはすべてマスキングのなんとなくトランスファーです。
なんとなくとは、先日コラージュ素材の印刷ついてブログへ書かせていただきましたが、
サンタブックを早速作っていただいたお客様からザラ紙めくるの難しい!!とお便りいただきました^^;

サンタブックには、別で作ったザラ紙素材のカードの作成法も一緒にご覧いただけるのですが、
おまけに同封したザラ紙の素材で作成したところ、
送った3枚とも全部大失敗です・・・と(^_^.)

画像も頂きましたが、恥ずかしいので載せないで!!とのことなので、
省略いたしますが、ん~なんにもなくなってるからまだやってないみたいにも見えるよ(笑)

ということで、今回はザラ紙をとんでもないことにしないように、
サンタブックやクリスマスカードのような潔い勢いのあるトランスファーではなく、
なんとなく軽めのトランスファーでやってもらいます^^;

それには白ティッシュが一番なので、
Collage Tissue Creme - Frames を使いました。
トランスファーのやり方でティッシュやコラージュ印刷の素材をかえることも、
参考にしてもらったらと思います。
逆か、素材によってトランスファーの強弱を変えるといったほうがいいかも。

ポケットは5枚入っていますが、2枚目画像までは同じ素材にしています。
その後は、それぞれ同じものか似たものをいれてます。
後で画像で説明しますね!

これも、コラージュ素材を使ったキットに入っている素材がサンプルと変わると、
どう合わせてよいのかトンチンカンなことになっちゃいましたと、
何件かメールを頂きましたので、今回は気長に印刷待ちして、
出来るだけ同じ素材をセットさせていただきました。

あとはティッシュのカッティングに悩めば、ほぼこれと同じ感じに仕上がります^^;
結局悩ますのかよってね(笑)

SBM-9.jpg
SBM-8.jpg
SBM-7.jpg

カバーやタグの汚しに使用しているのは、Winter Distress Pads 3 Pad Set の3色と、
ディストレス ブラックとなります。
SBM-6.jpg

中のタグは3枚しか入っていませんので、クリスマスのタグ交換などでいただいたものを綴じるか、
手持ちのタグで同じように作ってもらえたらと思います。

1枚目は、トランスファーをしていないタグです。

土台に 7Gypsies Camden Collection - Tags を使用しています。
このコレクションはコラージュしやすいペーパー柄なので、すごくおすすめ。
手持ちにペーパーかタグがあれば、残りの2枚も同じ用に仕上げてもらえます。

このようにもともとコラージュ柄のペーパーだと、ザラ紙と組みあわせるとこんな風になります。
Lynne Perrella Artist Paper などもコラージュしやすいですよね。
コラージュ素材のペーパーも入っているので、
ワックスやティッシュなど使わすコラージュしたい場合は、
コラージュ素材をザラ紙にコピーすれば簡単です!
そのままだと段差ですぐのっかってるのがわかります。まぁそれでいんだけどね^^;

全体を汚すのには、ウィンターディストレスの赤を使用しました。
サンタの顔に指紋くっきりついちゃったけどそんなこと気にしません(笑)
汚した後まわりにアディロンを使い、スタンプを押しています。

そして最後の仕上げに使用するものもポイントです!

今回は、買ったけどどこに使えばいいのかとよく聞く、タタードのグリマーグレイズとグラムです。
グレイズは程よい照り感があるので、上からかけるといい感じになります。
グラムも同じく色によってラメの大きさは違いますが、
つやがあるので、ザラ紙など薄い紙をワックスを使わず透明感をだすのに適しています。
ラメが邪魔な場合はふらずに使ってください(^_^.)

エンボスにはまっ平らばかりでもと、大き目のエンボスパウダー
Ultra Thick Embossing Enamel - Clear を使用。
コノパウダーをエンボスする際のちょっとしたコツもPDFに書いています!

SBM-12.jpg

そしてこちらはトランスファーのあと、インクで汚さずグレイズで汚しました。
あっ。。。グラムだったかな???
まっどっちかで汚しました^^;
エンボスとグラムの大きめラメを使って仕上げています。

実物はインクだけで汚すのとは違い、程よいパールな艶感が良い感じです。
SBM-11.jpg

そしてこちらは、ダイカットも一緒にはさんで、トランスファーとインクで汚しています。
最後にグリッターグルー Stormy Sky と、 Antiquities Frosted Crystal でエンボスしています。
このアンティークシリーズのエンボスパウダーは、ディストレスパウダーと同じく、
かさかさというかでこぼこというか、均等にエンボスできないようになってるパウダーです^^;

ディストレスは粉が完全に溶けないので、いくらふいて仕上げても、
触るたびになんとなくかさかさ手についてちょっとね。。。
アンティークのほうは、ディストレスより艶が出てしまいますが、
普通のエンボスよりかすれているので気に入ってます。
まぁ手につくのもいいんだけど。。いんだけどつかないに越したことはないので"^_^"

SBM-13.jpg

そして、コラージュ素材の説明です。

表紙に使っているサンタは皆さん同じ柄を入れました!

変わるのはここからです。
上段のポケット部は、下においている2枚の素材のどちらかが入ります。
タグは、下段左2枚はそんな感じの素材ってことです"^_^"
一番左のタグは2枚使用するので、カットしてあわせやすいように、
2枚を組み合わせて入れています。

タグはタグと素材で1つの袋に入れてるし、これの大きな画像PDFで確認してもらえるので、
悩まないと思います!

SBM-kit-1.jpg

キット内容です

ティッシュ2種とカバー、ポケット、タグ、リング
コラージュ素材 ザラ紙プリンター印刷 10カット

詳細はキットページで

Christmas Tag Book Kit 商品ページはこちら

SBM-kit-2.jpg

このキットは、ATCポケットの再入荷がやばそうなので、
再販はないと思います^^;

販売開始は今晩22時からです!
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/341-3fba6a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。