スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== 10月OneDay講習会 ワンポイントレッスン^^; 

2011/10/10
Mon. 13:43

SquareB-2.jpgMCA-8.jpg

CollageA-16.jpg

10月講習会無事終了いたしました!

3日間いろんな方とお会いして、すごく楽しませていただきました。
ご参加いただいた方、ありがとうございます&お疲れ様でした(*^_^*)

さて、東京からご参加くださった えみあ 様 から、講習会の感想を頂きましたので、
ご紹介させていただきます!

-------------------------------------------------------------------------------------

えみあ様より

スクラップブッキングを本格的に始め、毎晩ネットサーフィンをしていたところ
scrapbit'sをみつけました。

作品に感動しました。早々、キットを取り寄せて、作成してみるが・・・
難しい~~~というか何で、こんなにかっこよくできるのか???でした。
いちど、作品現物をなまで見てみたいと思いワークショップを申し込みました。

そして、念願のyumiブランド作品をyumi先生指導のもとに作ることができました。

作品はそれはそれは、凝っていて・・・ということは手間がかかっていて
だからこそ、の質感や雰囲気ある作品なんだ。と納得いたしました。

私は2日目と3日目に参加いたしました。
ツールの使い方・コツや工夫なども伝授いただき、本当にためになる2日間でした。

yumi先生は・・・知的で・・・関西弁にはたくさん笑わしてもらいました。
両面(りょうめん)テープをリャンメンテープとおっしゃっていたので・・・
麻雀好きなんだなぁ~~と思っていたら、関西では両面のことをリャンメンと言うらしく・・・
爆笑でした。

参加された方々も愉快な方々で、本当に楽しく、充実した2日間でした。
お世話になりました。ありがとうございます。

えみあ

--------------------------------------------------------------------------------------------

関西では、" りょうめん" とも " りゃんめん " とも言いますよね?
でも自分が " りゃんめん " を使ってるってこと、この日初めて気がつきました^^;

えみあさんは、スクラップ作品公開もブログでされてますので、
遊びに行ってみてくださいね!

emia のブログ

前回同様、キットではないのでPDFを作っておらず、
ところどころ色や手順を間違えたり、パーツがなかったりと、
またまたご迷惑をかけてしまいましたが、
誰も嫌な顔ひとつせず、笑って許してくださったので、救われました^^;
そりゃいえね~よってね。。。ほんとすみません<(_ _)>

今回は前回ご参加の時にあまりお話ができなかった方とも、
居残りしてくださったおかげ?か、名刺交換もできたし、色々お話ができて、
ほんとに私もためになる3日間でした。

そして、11月に年内最後の講習会やっとこか!って話になり、
日にちだけ決定して来ました!

11月 17日・18日 の2日間です。

トランスファーを直接伝授してほしいというリクエストに答えて、
1つはトランスファーを取り込んだ作品を作るつもり。

トランスファーはキットももうすでに売り切れなので、
あらたにミニサイズで遠方の方にも楽しんでもらえるように、キットも作りました。
のちほど紹介いたしますね!


そして、今回ステインでの失敗例が多く見られたので、
ここでちょっとワンポイントレッスンです^^;

忙しくて3日間講習会の様子を撮ってる暇もなかったのですが、
2年近く講習会に参加してくださっているTさんの一番ひどかった失敗例です(笑)
ちょっと。。。2年も一緒にやってて何も教えてないみたいじゃない(ーー;)

やってるときから、皆さんと様子が違い、
ボードからステインが滴り落ちて、手もシートの上もえらいことになってました(笑)
IMG_6213.jpg

これは、ステインのボトルを力いっぱい押しすぎか、
押して出しすぎた状態のまま乾かしたことが原因です。

私も自分でどうやってるのかやってみたところ、
ぐっと押して出して塗る、途中でまたぐっと押して出し塗る、
もしくは、少しボトルを握った状態で、ざ~っと全体に塗ってるかどちらかでした。
たぶん、同じ力でボトルを押しながら塗ってるほうが多いと思います。
この同じ力でってところがコツかな。

右が同じ力で押しながら塗ったボード、左がところどころドバッとついた状態のボード。
この状態で乾かすと、たくさんついているところだけ乾きが遅く、
ムラになってしまいます。

こうなったときは、全体を雑巾で拭いて乾かしてください。
また適量だと、すこしすれば浸透していくので、
やにボードがびちゃびちゃになるなぁと思ったら、それは出しすぎです"^_^"
そうつける時もあるのですが、均等にきれいにぬれる方法もマスターしてもらわないとね!

Stain-1.jpg

乾かすとこんな感じ。
Stain-2.jpg

反対に、ステインが少ないのが原因で、筋がいっぱい目立ってしまう方もいらっしゃいました。
これはボトルを一切押さずに塗ってるか、最初の出しっぷりが足りないか。

右が適量、ひだりがあまりヘッドにステインがでていない状態で塗ったところです。
この筋状のまま重ね塗りしていくと、すじすじのあとが残ったまま仕上がってしまいます。
もうちょっとステインボトルを押してヘッドにステインを出してから塗ると解決します^^;
Stain-3.jpg

ちなみに、今回はZutterカバーで作成しましたが、
グレーチップやイエローボールは、ズッターカバーより浸透が良いので、
どんだけ出しすぎてもぐんぐん吸い込みます。

グレーチップを使用していますが、どぼっと水溜りくらいだしても、
Stain-4_20111010141916.jpg

次の瞬間にはこのようにすべて吸い込んでいます。
ムラになりにくい分、乾きが尋常じゃないくらい遅くなります^^;
そして、ふちがぶよんぶよんになったりするので、
こちらも吸い込むからとたくさんつけるとNGです。
Stain-5.jpg

こんな感じで紙によっても適量が変わるので、
色々試して自分なりにコツをつかんでもらえればと思います。

ステインはボード以外にも、ティッシュテープやコットン系リボンにも色がつけれます。
専用じゃないので、手芸用などに使うと色落ちするけど、
スクラップブッキングに関しては問題ありません。

ためしに、少し明るい色の Fresh green に色をつけてみました。
一番下がそのままの色です。
つけたあと、ペーパーティッシュで余分なステインをすいとり、自然乾燥しておくと良いです。
コットン系は乾きが遅くなるので、ドライヤーで完全に乾かすとなると、
コゲがつく可能性もあります^^;

その他のコットン系リボンは、 Sand dollar や Natural fringe となります。

今回はわかりやすいように色の濃いステインで試しましたが、
淡い系の色はボードよりこういったリボン系の着色に活躍します。
お持ちなら簡単にきれいに散らからずに色がつくので、是非試してみてくださいね!
Stain-6.jpg

ではでは、11月講習会までそんなに日にちもないので、すでにサンプル作り始めています♪
サンプルが出来次第受付開始いたしますので、しばらくお待ちくださいね!


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/319-fd7297c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。