スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Trunk-7.jpg

ステインとマルチメディム、グリマーグレイズで作成したバインダーの紹介です!

の前に・・・先日のTrunkBox、早速バンドを引きちぎられてしまったので、
本物の皮で修理いたしました^^;

上が本物の皮使用。こちら↓ がグランジペーパーで作成している修理前。

薄さが違うだけであまり見た目に変わりはありませんが、
飾りではなく、物入れとして活用される場合は、できれば皮にも見える紙より、
本物の皮をお使いいただくのがおすすめです"^_^"

Trunk-1.jpg

さてさて、ステインで作るバインダーの紹介とまいります。。
SMB-1.jpg


使用したのは、Zutter 1''ワイヤーのSpineCover White です。
通常のホワイトカバーはつるんとした浸透しにくい紙がつかわれていますが、
SpineCover は、ホワイトクラフトのようによく浸透する素材となっています。
なのでステインでも塗りやすく、簡単に色をつけることができます。

SMB-4.jpg

こちらは、ステイン Pumice Stone を最初に塗って、マルチメディウムをつけてスタンプ、
その上から Black ステインを塗っています。
SMB-1-2.jpgSMB-1-1.jpg

最初にこのように下色をつけてからメルチメディウムでスタンプすると、
マルチメディウムがついたところにはもう色が浸透しないので、
スタンプのところだけが下色の色となり、柄が浮き出てくるというわけです♪
SMB-5.jpg

初めに、Darkroom Stone を押して、上から Scratch Alphabet Lrg を押しています。
乾かしたら、下色が所々見えるように、ランダムに上から濃い色のステインを重ね塗りします。
最後にマルチメディムで全体をコーティングして完成!
SMB-5-1.jpg

こちらは、下色が Mustard Seed 、上から Spiced Marmalade 、Peeled Paint 、
上からマルチメディウムではなく、グリマーグレイズ Sea Kelp で回りに色をいれています。
SMB-2.jpg
SMB-2-1.jpg

こちらは、下色 Milled Lavender  、上から Victorian Velvet 、Tea Dye 、
グリマーグレイズ Fuzzy Coconut でコーティングしています。
SMB-3.jpg

マルチメディムでスタンプした部分は、すこしだけ盛り上がっています。
SMB-3-1.jpg

上からチョークインクで同じスタンプを重ね押し。
SMB-3-2.jpg

作り方はこんなかんじです!

ざざっと下色をつけて乾かし、
_1610377.jpg

マルチメディウムでスタンプした後、上から好きな色のステインを重ねます。
_1610378.jpg

下の草木スタンプのうえだけ、ティードライステインを重ね塗り。
_1610379.jpg

チョークインクでさらに同じスタンプを重ねて押して、中央のメインスタンプを押したら、
グリマーグレイズでコーティングです。

クラフトシートの上に直接だして、ペーパータオルつけてふきあげます。
_1610388.jpg_1610389.jpg

アプリケーターで汚すような感じで、ふちだけクルクルペーパータオルで拭いていくと、
こんな感じに仕上がります。
_1610391.jpg

ちなみに、グリマーグレイズでコーティングする場合は、
 Clearsnap Chalk Ink か、ツキネコ ステイズオン でなければ消えちゃいます^^;

こんな感じで、ステインとマルチメディウムを使えば、
バインダーも10分ほどで完成します!
ぜひトライしてみてくださいね!



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/299-35672c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。