スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Graychip-1.gif

グレーチップボードをいかした、超シンプルなフォトアルバムキットです。

そのつもりはなかったのですが、丁度父の日のプレゼントにも良いかと、
包める用にワックスペーパーもセットになってます^_^;

家族旅行の写真を綴じてあげたり、お子様の写真や、直接絵を描いても良い感じです。

男の人や中高生の男の子にも、抵抗なく飾っていただけるアルバムだと思います♪

キットページはこちら

表紙をめくると、まずは135gのトレーシングペーパーが見えるようになってます。
135gとは、紙の重さなんですが、通常のトレーシングペーパーは40とか45gとなりますので、
かなり厚めのしっかりしたトレーシングペーパーです。
昨日再販分もすぐに完売してしまった、フォトアルバムと同じ感じですね。

半分に折って、内側にスタンプを押してます。
キットにはL版の幅にあわせてカットしたものが、半分におった状態で1枚入っています。

使わせていただいた写真が風気庵さんという陶芸教室の写真なので、
タイトルは風気庵さんのお名前を入れてますが、
ここにメッセージスタンプを押したり、手書きで書き込んでください。

スタンプのインクは、油性か、アーカイヴでないと、はじいたりにじんだりで、
きれいに押せません。
また、プリンターでの印刷も、非常ににじむので、
印刷後すぐにドライヤーでインクを定着させなければいけません。
ただ、そうするとぶにょぶにょになるので、スタンプはきれいに押せても、
紙はヨレヨレになります^_^;

いずれもお持ちでない場合は、油性ペンで直接書くほうがきれいかと。。

Graychip-3.gif

中はこのように写真オンリーのシンプル仕上げです。
Graychip-6.gif

Graychip-7.gif

Graychip-12.gif

タグのぶら下がっているこのコードは、アルバムベルトとして使います。
ほどかなくてもいい結び方になっているので、簡単に広げて使用可能です。
結び方の画像に苦労しましたが、覚えておくとなにかしら便利な結び方です。
金具なしのネックレスやブレスなども作れちゃいます♪

こうやって、動くほうのボーンビースをひっぱると簡単にしまります。
Graychip-4.gif

Graychip-5.gif

そして、父の日に渡される場合にと、ワックスペーパーをセットしています。
ラッピングというほどでもありませんが、せっかくシンプルに仕上げているので、
包みも最低限に抑えています^_^;

ワックスペーパーをアルバムベルトでとめるだけ。
タグはコードにミニピンでひっかけているので、いちいち取り外さなくても大丈夫です。
Graychip-2.gif

キット内容はこちら

ジャーナルカード5枚でインナーページ10枚ができます。
両面写真を貼り合わせていただいて、合計20枚の写真を貼っていただけます。

ワックスペーパーとトレーシングペーパーは折った状態でお届け。
ボーンビーズはラウンドか、サンプルと同じシリンダーの、どちらか2個がセットされています。

バインド用のリングは、Zutterのバインドをバラバラにしたものが入っています。
手で簡単に綴じることができますのでご安心ください。
Graychip-11.gif

タグ部分は左の状態でお届けです。
私のサンプルは、今お気に入りのディストレス新色クラッシュオリーブと、
ウェザーウッド、ブラックの3色で色をつけています。Graychip-9.gif

グレーチップボードは、表紙だけサイズにカットして、エナメルアクセントブラックで、
スタンプを押してお届けいたします。
皆さんは、アプリケーターにスポンジレフィルをつけて、
ブラックインクで汚すだけと、超簡単です♪

もう一枚の背表紙は、これにあわせてカットしてください^_^; Graychip-10.gif

タグ部分は、ティムのダイカットを使用していますが、
お持ちでない場合は、このようにカットして、インナーページに貼ってください。
それから写真を貼って、形にカットしてもよし、
写真をずらせて、タグ部分には色をつけるなどして加工してもよし、
タグなしの写真のみなどなど、ページ数分の10枚セットされていますので、
好きに仕上げてください。
Graychip-8.gif

ページに一切飾りがないのも、なんかすごくいい感じです♪
ファブリックのように自由自在に飾りが作れて、
かつ完成後の達成感の大きいアルバム作りもすごく楽しいですが、
こちらは地味な楽しみが詰まってる気がする。

あっ、これは手袋をはめて作業されるのがおすすめです。
なにせ持つことすべてが写真になるので、私も初めて手袋をして作業をしました。
写真を貼ってダイカットすることろまでは、しっかり手袋をはめて作業してください。
それでも手袋にのりがついたり、アプリケーターにふれちゃったりで、
手袋自体があっというまに汚れちゃいましたが(笑)

PDFではうすら汚れた手袋がうつってますがご勘弁ください^_^;
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://scrapbits.blog99.fc2.com/tb.php/136-0462d4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。