スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== Zutterカバー&マステ&ティッシュ 

2012/08/31
Fri. 10:40

Autograph-1.jpg


9月末まで半額セール中の、Zutterカバーを使ってシンプルブックカバー作りました。

背表紙の部分がカーブしているので、自由自在に形にそう、
セブンジプシーズのコラージュティッシュを使って、カバー作成することが多いのですが、
お客様から、ティッシュがない場合や、好きなパターンペーパーを使いたい場合、
背表紙の部分どうすれば??とのご質問をいただきました。

パターンペーパーだと、薄めのセブンジプシーズでも、このカーブは手におえません"^_^"
もちろん、色をつけてそのままでもOKなんですが、ブラックカバーの場合は色がつかないです。

なので、ティッシュはもちろんのこと、ザラ紙にコラージュ素材のバックグラウンドを印刷したものや、
コラージュ用の新聞などを使ってください。
薄くてやわらかい紙なら何でもいいですよ!

今回は、セブンジプシーズのティッシュ "Life" と、パターンペーパー、マスキングテープを使って、
シンプルに簡単カバーを作りました。

背面部分だけティッシュで、あとは同じセブンジプシーズのパターンペーパーです。
つなぎ目に、知人のSeriちゃんから頂いたマステを使ってます。
この赤が。。。すごく好きです♪


この赤のマステから、このカバーを思いついたので、
今回は画像ではわかりにくいのですが、
いつも使う、カラーウォッシュエスプレッソでも、ウォルナッツステインでもなく、
赤にあわせて、ステイン ヴィンテージフォトを使っています。
赤茶と赤がすごくいい感じです♪

Autograph-9.jpg


横から見たときの段差は、パターンペーパーが薄ければ薄いほどわかりにくく、
ぱっと見るとマステでつないでいるようには見えません!(^^)!



Autograph-8.jpg



カーブにはどうはっても絶対にはいっちゃうこのシワも、すごく味があって好きです。


Autograph-4.jpg


ブラックマットカバーを使用しているので、中はティッシュを使わず、
パターンペーパーとマステだけで仕上げています。
今回は、カバーについてるプラスティックの板も、ホール部分にマステを貼ってますので、
上から見ても、あの半透明のプラがみえなくていいです♪
いつもこうすればよかったんですよね(^。^)

Autograph-6.jpg




インナーにはクラフトページ1袋を使って、1枚づつではなくまとめて上から汚しました。

カバーに色々でっぱりがあると、収納がむずかしいので、
こんな感じで開いたところにタイトルをつけました。

Autograph-5.jpg

カバー側には、Vintaj の Guitar Pick を折り曲げてつけています。


Autograph-7.jpg


Vintaj のメタルはそれぞれこんな感じで作っています。

使用したプレートは、Large Rectangle です。

1枚目は、数字の1を逆さにしちゃったのでやりなおし^^;
よく見ると、私のだけなのか、1だけVintaj の刻印が反対です。
手前に見えてる状態が正確な向きなんですが、1だけは反対にしないと逆になっちゃいます。
ひょっとしたら、皆様のもそうなってるかもなので、
初めて打つ文字は、向きを確認してくださいね"^_^"

まずはプレートにつけるチャームを選び配置してから、
文字打ちの位置を決めて作成します。

_1900090.jpg

失敗しちゃったら、そこだけカットして作り変えることもできます。

_1900092.jpg

ちいさくなっちゃったタグにカーブをつけます。
色を入れる場合は、カーブの前にいれといてくださいね!

_1900100.jpg

両サイドだけ、フラットペンチを使って平らにして、ホールをあけます。


_1900103.jpg

もう一枚、加工したプレートの上に、Nail Head Rivets取り付けて完成。
これでもすごくかっこよかったです!

_1900112.jpg

ギターピックのカバーへの取り付けは、これでカバーと一緒にホールを空けます。
かなり力が必要(笑)

刃が欠けたんじゃないかなと思うほどの力と音だったのですが、なんとか無事でした^^;

_1900120.jpg

ホールが大きいので、さきほど使ったネイルヘッドではとまらないため、
グロッシーをつけて差込ブラッドでとめ、最後にブロックの上でたたいてしっかりと平らにして取り付けます。

このときも、ホール隠しと強度を増すために、あれば Washers をはさんでください。
これでピクリともしません♪

_1900117.jpg


ティッシュを全体に貼って仕上げても、
このようにパターンペーパーとマステでうまく組み合わせても、
白なら、マスクやミストで直接柄をつけて仕上げても、
なんでもできる優れたカバーなので、色んなもの作って楽しんでみてください!

今回サンプルに使用しているサイズはこちら

12インチ作品が収納できる13インチサイズもあります。


Autograph-2.jpg

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。