スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== ビーズワックスコラージュお道具紹介 

2011/09/28
Wed. 15:32

CollageTagA-1.jpg

コラージュ作品を作るのに欠かせないツール類の紹介です。

先日よりコラージュ作品をUPしておりますが、
お客様より何をどう使ってるのか、道具は何がいるのかと、問い合わせが増えています。

DisplayWoodBox - Life is Beautiful をお買上いただいた、お客様のS様も、
コラージュティッシュの使い方の実物を見てみたいという事で、
トレイを購入してくださったのですが、
ワックスコラージュに興味があるようでしたので、
おまけにビースワックスで作ったタグアルバムを同封しました。

S様から、お家の画像と楽しいコメントいただいたので、紹介させていただきますね!
CollageDisplay-1.jpg

手に取るように様子がわかる楽しいコメントなので、
そのまんまコピペさせていただきました(笑)

S様 コメント

入れて貰ったコラージュタグアルバムのサンプル、
実物見ても作り方が分かんない(- -; (笑
アレ、コラージュティッシュをくちゃくちゃって重ねて貼ってるんですよね??
どうやったらあんな風になるのか‥

ワックスでコーティングしているから余計わかりにくいのかなぁ。
バックグランドにステインか何かで緑系の着色してない??
色が紙+ティッシュ+ワックス だけじゃない気がするんですけど‥。
もー、散々すかしてみたり匂いかいでみたり怪しいったらない(笑
元々ペーパーもコラージュ柄だから、斜めから見ても
どこで切り取ってるのか分かりづらいし、

Yumiさんのばかぁー!!(笑

って感じです。このめっちゃ宿題難しいよ~!
でもすごい嬉しかったです!!ビーズワックスやっぱり使いこなしてみたいなー。
その前にもっと練習することあるだろ自分、だけど(- -)ゝ

ディスプレイボックスの方も、ブログの写真だけだと気づかなかったところが
いっぱいあって「うへぇ」(^ △^)=3
こっちは荷物ほどいた瞬間に右上についてたノブがゴロゴロゴロゴロー!!!!!!
っておっこってきてドキっとしましたが、割れずに済みました(^ ^;
今度から荷物を立ったまま開けるの止めよう‥。

ドアノブはたったまま開封が原因ではなく、
あんなところにあんな重たいものを、グロッシーアクセントだけで取り付けた私が悪いです。
ほんとすみませんでした(^_^.)

----------------------------------------------------------------------------------

というわけで、ひとまずビーズワックスを楽しんでもいただけるように、
お道具セットを予約開始いたします!

そして、S様のコメントのように、実物見てもなおわかりにくいようですので、
タグアルバムにかわるミニアルバムか簡単なタグ作成して、
ご予約の方にPDFファイルをお渡ししようと思います。

ではでは、道具セットの紹介です!!

ビーズワックスをかけるのにも、素材やデザインなどで、色々方法が変わってきます。
ここらへんの詳しい説明は、PDFでは難しいので、
お道具を使って作る方法をご説明させていただきますが、
来月の講習会最終日では、このワックスコラージュをミイアイロンでお勉強していただきます。
受講される方には、お道具での方法もミニアイロンでの方法も、
どちらも覚えていただき、ちょっと画像撮らせてもらって、
その他のいろいろの不具合などを、またPDFで作成できたらなぁと思っています。

国内でも、去年クラフト展に行った際に、コラージュ用のラミネートシートが販売されています。
私も飛びつき、3セットも購入して試してみましたが、
やはり仕上がりはビーズワックスのほうが上かなぁと思いました。

是非是非、ビーズワックス使いこなしてもらって楽しんでいただきたいと思います♪

2年前くらいにもこのポット紹介しましたが、ワックスコラージュに使うお道具は。
この、Suze Weinberg - The Melting Pot  となります。
アメリカの家電になるので、コンセントの先が日本とは異なり、別に変圧器が必要ですが、
コラージュ好きは変圧器を買ってでもそろえてもらいたいポットです。
SUZ14706.jpg

本体にノンスティク加工のパンがついていますが、取り外し不可なので、
しばらく使ってみたけどやっぱり換えも必要かと、
別売りのプロジェクトパンのみを購入し、いつも本体にセットして使用しています。

ビーズワックス自体はすぐ解けるので、少しずつだせば残ることも少ないのですが、
エンボス系のパウダーなどを入れて作る際には、
ブレンドするので途中でなくならないように多めに作ったりします。
なので、残ることもしばしば。。。
そのときにこの取り外せるパンなら、次にビーズワックスのみを使用する場合も、
色つきのブレンドを取り外して残したまま、本体に直接入れてビーズワックスを使用できます。

MeltArt-1.jpg

本体のすきまも埋まるので、やってる最中にぽとぽと落ちても、
プロジェクトパンの取っ手に落ちるので掃除も楽です。

MeltArt-3.jpg

私が使用している変圧器はこんな感じの結構大き目のものです(^_^.)
商品ページに詳しく書いてますので、本体セットを購入される場合は、
一緒にこれも他店ですが購入しておいてください。

ys-69-1012-160.gif

ポット以外に、取り外せるプロジェクトパン 、ビースワックス、
クラフトスクレーパー 、 筆が必要となります。

ご予約では、ビーズワックス ナチュラル を1ヶセットしています。

ポット本体セット 商品ページはこちら
MeltArtSet.jpg

お道具って楽しいけど、それ以外に変圧器という余計な出費がございますので、
ちょっとしたもの作りたいだけなのに大げさだわ。。。って場合は、
国内で売られているミニホットプレートがおすすめです。
本体のかわりにミニプレートを使用します。こんな感じ。

ミニホットプレートといっても、本体の2倍の大きさになるので、
少々スペースが必要ですが、これでも十分ビーズワックスなら溶けてくれるので使用可能です。
エンボス系のパウダーを溶かすには、ちょっと力不足なので完全に溶けるまで時間が倍以上かかります。
でもまたブレンドやらは段階がすすんでからになると思うの、はじめはホットプレートで十分です!

MeltArt-2.jpg

ミニホットプレートに直接ビーズワックスを入れて使用も可能です。
私もはじめてビーズワックスを使う際に、変圧器大げさかなぁと、
色々色々ホームセンターや電気屋で、
それっぽいもの購入して代用品として使ってみましたが、
結果、やはり専用のお道具に行き着きました(^_^.)
まだ何もそろえてないなら、専用のお道具からスタートするのが、
結果的に一番無駄がないかなぁと思います。

本体抜きの プロジェクトパンセットです。
商品ページはこちら
ProjectPan.jpg

予約開始は、今晩22時からとなります。

予約ページはこちら

ついでにニューコレクションのダイも、予約価格で賜ります。

スペルバインダーはすでに販売開始されていますので、
ポットなどと一緒に入荷してくる予定です。

ティムのダイに関しては、ハロウィン系はほぼ販売開始されましたが、
クリスマス系などのダイはまだほとんどがプレオーダーのままです。
プレオーダーや品切れのダイが含まれている場合は、
最終の商品が揃うまで発送待ちさせていただくか、
最初に入荷した商品を先に発送させていただき、残りの商品は取り置きとして、
次回ご注文時に揃っているものだけ同梱させていただきます。

上記の事ご了承いただいた上でティムのダイはご予約お願いします"^_^"




スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。