スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

== Wood Transfer 

2014/10/14
Tue. 16:20

halloween2014-7.jpg



ハロウィン作品出来上がりました!


1x2 の木材に、ハロウィンコラージュ素材をトランスファー。
なんてことない簡単な作品だけど、おもちゃかぼちゃと並べてるとなんとも♪

木目を簡単にそのまま生かすには、素材はバックグラウンドのないPNGファイルを使用すると簡単。
黒のインクは取っ掛かりがめくれれば、あとはばりっとはがしても、
ちゃんと転写できてるので、すごく早く仕上がります。


halloween2014-8.jpg



羽の下にスタンプおしたかったんだけど、
ハロウィン用のスタンプ文字ってあまりもってなかったみたい・・・
これにあう字体がなく、ただただ転写しただけの作品(笑)


halloween2014-9.jpg


去年使ったハロウィン素材の。。。こうゆうのなんていうんだったっけ?
オーナメントでもなく・・・なんだ?
ブラブラぶらさげる旗(笑)

わぁ、ちょっと離れてると、ますます用語わかんなくなってる^^;

halloween2014-11.jpg


これもジャンボサイズでつくってみると楽しいね。
本物のおもちゃかぼちゃを縦にカットして貼りつけちゃいました。

halloween2014-5.jpg




そしてもうひとつのハロウィン作品はこちら



とてもシンプルでこれも簡単。
セブンジプシーズのティッシュとダイカット、コラージュ素材をあわせていくだけです。

halloween2014-2.jpg


halloween2014-4.jpg


halloween2014-3.jpg






トイレのディスプレイに並べて31日まで楽しもうと思います♪


You tube に動画アップしましたが、途中で電話なってきれてしまって。。。
ビデオとまってるの忘れて完成させちゃったので、
中途半端なレクチャーとなってます^^;
ウッドトランスファーに興味のある方はご覧下さいね!





スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

== インクジェットワックスコーティング 

2013/05/26
Sun. 16:12

MicroGlaze_20130526161045.jpg



家庭用インクジェットプリンターで印刷した写真に、
コーティングできるワックス、 JudiKins Micro Glaze の紹介です!

当店でも人気No.1のこの商品、
品切れが続いていましたが、少量だけ入荷いたしました!

どんなものかといいますと、印刷したものを、これをつけた雑巾で拭くだけ。

すると水をはじくので、プリンター印刷でもにじまないといった具合です。
光沢紙に印刷されてる場合は、さほど水気に気をとられることはありませんが、
私のように、フォトマットペーパーにこだわってる方は、
水気に悩まされているはず!

写真はもちろんのこと、データ式のコラージュ素材なども、
印刷後にこれでコーティングしておけば、水を飛ばしたりしても安心です♪
私の場合は、インクジェットのコーティング以外でも、
作品作りのあちこちにこれが出てきています。
もうなくてはならないアイテムです!(^^)!

これまでは、毛羽立たないマイクロファイバーの雑巾をすすめていましたが、
どこにつけたか、手を離すとわからなくりがちで、
まだたっぷりついているであろう場所が特定できず、
次から次からマイクログレイズをたすといった無駄な使い方をしていました。

そこで!便利なもの作りました♪♪

土台はマイクロファイバーですが、これを4つにカットします。

切り口をライターであぶってほつれ防止をしてください。

雑巾の色によっては、溶けてんだかみえにくいうえ、
たとえ火が燃え広がっていても、化繊なのでみえにくいです。

一箇所に長くあてず、ゆらゆら移動しながら満遍なく溶かしてください。
くれぐれも燃え上がるほどライターあてないように!
いずれにせよ、火事には十分気をつけてください(^_^.)

さっと溶かすと、こんな感じで切り口がカチカチになります。
これでモロモロ手に糸くずがつくのを防げます。

_2040628.jpg

ヘアゴムにとめ具になるビーズなどを通して結びます。
あまりでかいと、持つときに邪魔になるので、ゴムがかろうじてひかっかるていどの大きさのもので"^_^"

_2040630.jpg

わたをカットした雑巾でつつみ、根元をゴムでとめます。
手芸用のわたをと思ったのですが、どこいったんだか見つからないので、
化粧用コットンをマイクログレイズの入り口に入る大きさまでいれてつつんでいます。

ゴムをワンタッチにしておくと、雑巾の洗濯の時も、わたの詰め替えも、
めんどくさくなくて良いです♪

_2040631.jpg


これで出来上がり!

私は1つだけふきあげ専用として赤のビーズをつけました。
マイクログレイズをつけて伸ばすのは青のビーズ、
仕上げに全体をふきあげるのを赤といった具合ですね。
まぁ途中で、どれがどれだかわかんなくなるんでしょうけど(笑)

_2040633.jpg


そして、これをマイクログレイズにつっこんで付け、
素材をふきあげます。

_2040700.jpg

やりやすいです♪

_2040636.jpg


はいこれでコーティングできました!
水をかけてもちゃんとはじいています。

_2040637.jpg

減ってくると入れる時に、雑巾のふちや上部、指と、あちこちにワックスがつくので、
ふたを閉めれる長さに、アイス棒などをカットして入れておくと便利。

_2040634.jpg


販売開始は、現在入荷待ちの商品もあわせて、明日の10時からとなります!
scrapbits


そして。。。できあがった雑巾の丸っこさが、あまりにかわいかったので、
こんなもの作りました♪

すごいね。
同じ方法で同じものを作っても、中身と素材が変われば立派にインテリアです(笑)

SoapR-13.jpg

麻布を正方形にカットして、中の詰め物を用意します。
そこらへんにある丸々ものならなんでもOK(笑)

私は、コピー用紙をまるめています^^;

SoapR-23.jpg

厚紙を適当に丸くカットします。

SoapR-22.jpg


麻布を手の上におき、厚紙、詰め物と重ねつつんでヒモで縛ります。
机において指でぐ~~っとおさえて、安定させ丸みを整えます。
ゆるめに縛っておくと、入れたものとのバランスで麻布を広げたりできるので、
ここであまりきつく縛らないように!

SoapR-24.jpg

中に、手作りフラワーや、ドライフラワー、木の実、プリザなどなど、
お好きなものをグルーガンでひっつけます。
詰め物が見えないように、間口を埋め込むのがポイント!

SoapR-25.jpg

こうして出来たものがこれ♪

こちらはシナモンスティック。

SoapR-17.jpg

名前忘れたけど、一番気に入ってるドライフラワー。

SoapR-16.jpg

ワイルドフラワーのコンパクタヘッド。

SoapR-15.jpg

シナモンスティックや枝、木の実などは、100均でも売ってるほど、
結構たやすく手に入るものなので、一度作ってみてください♪
なんか簡単で楽しいです!(^^)!

そして、先日のティッシュを使った作品に続き、またティッシュのカバーのキットを作りました!
あ~、またティッシュにはまっちゃったのねってね(笑)

このあと、紹介いたしますね!

SoapR-14.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

== モールディングペーストでリメイク 

2012/05/28
Mon. 11:43

Mold-1.jpg

Golden のモールディングペーストを使用して、
プリザ用のフォトフレームをリメイクしました!
 
こちらがフォトフレーム。
マグネットでアクリル板が写真の上にかぶせられるようになってるもの。
001-08607__sub_3.jpg 

先日、お客様の Reina ちゃん家 に石鹸作りに行ったのですが、
その時の帰り際、駐車場のコンクリのブロック塀を木の板でなんとかしたいという話をしていたので、
モールド使ってコンクリそのものを生かしてもいいんじゃない?って話から、
このフレームが生まれました。

どう?Reinaちゃんこんな壁でも良くない?(笑)
いつでもヘルプ行きます♪


その日は、好き嫌いの多い私のために、Reinaちゃんがお子様向けのサンドウィッチを作ってくれました!
朝から焼いてくれた手づくりパンに、生ハムやトマト、大好きなたまごサンドウィッチなどなど、
すべてたまねぎ抜きの私好みのランチ♪

サラダまでだしてくれて、おすすめのピーナツドレッシングで頂きました。
2人してどっぼどぼにドレッシングかけといて、

「なんか生サラダってやっぱりヘルシーよねぇ~~」と、
べったべたドレッシングつけながらパクパク。
おまえらそれ何カロリーあると思ってんねん!!って話です(笑)


おうちも素敵だし、中はきれいに生理整頓されててチリひとつない!
そして、でてくるものはすべて手作り!
満点ママですほんとに !

コンビニでジュースとお菓子買ってった私、なんだか恥ずかしかったです(笑)

lunch-1.jpg

ランチの後は、チョコ入りの手作りパウンドケーキ!
あまったものを帰りにいただいたのですが、その日の晩に全部たいらげました♪
ストロベリーのチョコがいい味でてて、とってもおいしかったです♪

今度は私も手近に済まさず、ガトーショコラかプチシュー焼いて持っていきますね^^;

lunch-2.jpg

そしてそして! Reinaちゃんちのガレージリメイクへの提案!

ハードやライトモールディングを使用して作成したフォトフレーム。
以前ペインティングのキットを出しましたが、塗り方はあれと同じです!
皆さん筆の抜け方が難しくて真っ白になりましたといっていましたが、
あれは絵の具なので最後の最後まで自分のさじ加減で仕上げなくてはいけませんが、
モールドの場合は、もっとこってりしているので、勝手にかすれたりボコボコなったりするので簡単です!

下地にはティムのペーパーティッシュを使用しています。
薄葉紙タイプのセブンジプシーズより強いです。

Mold-5.jpg

ここにはコラージュ素材で作ったトルソーとワイヤーの足に、
プリザのバラのつぼみを分解して、ペタルを足元に散らしています。

Mold-4.jpg

ティッシュの上に、絵の具で少しクリーム色にしてから、メッシュをかまして塗っています。
ガレージには、メッシュもティッシュもやばいので、ワイヤーなどでなんか考えてと^^;
豊中のコーナン、DIY用品すくないけど、ひとまずうろついてみましょう(笑)

Mold-3.jpg

スタンドの裏には私のタグ。
店のスタンプに、momovich さんから頂いたサインスタンプ♪

Mold-2.jpg

カバーを使わず、クリップにはさんで角につけるとマグネット式になります。

Mold-6.jpg

そして、ほんとにマグネットボードもおそろいで作りました!

Mold-7.jpg

鉄板をグレーチップにはさんでフレーム型にしてから、
モールドを重ねていってます。

下には、ティムのティッシュではなく、UnityStamp Giving it all Meaning でスタンプ、
ペインティングキットと同じように、チョークミストで色をつけています。

最終的にモールド重ねすぎて、英字スタンプちっともみえていませんが(^_^.)

Mold-8.jpg

ATCサイズの同じボードを作りそこだけに飾りをつけました。
Mold-12.jpg

メタルはすべて、 Vintaj Patina Kit - Victorian Gable の MARINE カラー と、
 Glimmer glaze - Fuzzy Coconut を使用。

このVintaj のMARINEカラーは、お気に入りの Adirondack Juniper とよく似た色です。
たぶんこれだけ減りが早いと思うので、ぜひ一本売りしてほしいところです^^;

アディロンペイントでもこのようにメタルに色を入れられます。
よくうちのキットの中にも、アディロンを使用したメタル加工がでてきますが、
AdironとVintajの違いは、Vintaj は メタル用のやすりがないと、扱いにくい点ですね。
まぁ、扱いにくいというほど難しいものではないのですが、
今回の時計や鳥の加工のように、彫りの部分にだけ色を入れたい場合、
アディロンと同じようには使えないので注意です。

Mold-11.jpg

そしてこちらは Petaloo - Chantilly Mixed Blossoms に、キャンバスをたしたお花です。
このシリーズ、一番上に硬いシフォン?の花びらがはさがっているのですが、
私はあまりその硬いシフォンの感じが好きではないので、そこはそのままつかず、
エンボスヒーターでちょい溶かして動きを出して使っています"^_^"
ちょっとしたことですが、これで大満足です(笑)

異素材と組み合わせる場合、重ねてから最後にチョークミストを振ると統一感が出てよいですよ!
Mold-15.jpg

ラインには TimHoltz Trimmings, Lavish のバラを使用。
チョークミストで色をつけてから、ボードに埋め込んでいます。

Mold-9.jpg

マグネットボードのほうは、大きいので色々遊んで違うテクスチャーのモールドをいれています。
ここは Golden のクラックルペースト

レンジャーのクラックルペイントとの違いは、こちらは完全にマット♪
そして、ひび割れが少し大きめということ。
ただ、ドライヤーをあててもすぐにひび割れせず、乾きが遅いんですね。

でも、大きな面に塗るには、こちらのほうがテクスチャーがやわらかめなので、
レンジャーより筆にとるにも塗るにもいい感じです。

ひび割れの感じは私はGoldenのほうがすきですが、タグなどちょっとした部分に使うには、
すぐに次の作業に移れないので、レンジャーを使います。

サイズや用途で使い分ければいいかなと。
Mold-13.jpg

フレームにはメッシュを使いましたが、
マグネットボードには、メッシュの代わりに UnityStamp  Worn Grid を、
Ultra Thick Embossing Enamel White でエンボスしています。

粒が大きく、盛り上がりもでかくなるので、このように少々メディウムがかぶっても、
ちゃんとメッシュの柄が出てくれます。

Mold-14.jpg

モールド、すごく楽しいです!

ティッシュを貼らなくても味のある作品ができるので、
リメイクには一番簡単かなぁとおもいます。

手持ちにいいものあればぜひトライしてみてください!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

== アーカイヴ&ピグメントインクで簡単タグ作り 

2012/01/09
Mon. 15:51

EZMount-38.jpg


ダークルームドアーのスタンプと一緒に、アーカイヴインクも入荷してきました!

基本(勝手に私がくくった色ですが^^;)6色です。
オリーブだけ欠品で未入荷ですが、その他の5色は本日販売開始です!

この6色はどれも濃い目なので、バックグラウンドに使用する際は、
それ以上に見える色があるか確認してから使ってくださいね^^;

Ar-Color1.jpg

そしてあると便利系(こちらも私の勝手なくくりです^^;)の色です!

こちらはどれもバックグラウンドにも使用しやすい色が揃っています。
選びやすいかなと思って同系色同士ならべて押しています。

Ar-Color4.jpgAr-Color5.jpgAr-Color6.jpg

アーカイヴインクは乾くとウォータープルーフになります。
上からどんなメディムがきても、よれたりにじんだりしないすばらしいインクですよ!

タタードのグリマーグラムやグレイズで最後にコーティングする場合でも、
色落ちがほぼなく、最後の最後に失敗なんてことになりません。
レンジャーピグメントは色をぼかしたり筆につけて色塗りしたり出来ますが、
水やメディムに弱いのが特徴です。
こちらのアーカイヴは、色塗りやぼかしなど細かい技はできませんが、
水やメディムに強くスタンプ後のトラブルがありません。

用途に合わせてどちらのインクを使用するか選んでもらうと良いですね!

アーカイヴとカラーボックスピグメントでスタンプして作ったサンプルタグを紹介しますね!


使用したスタンプは、ダークルームの Correspondence と Enjoy Life 、
Butterflies と Smile です。

まずはバックグラウンドを Blue Violet おします。
EZMount-18.jpg

モチーフを Saffron でスタンプ。
EZMount-19.jpg

ColorBox Pigment Metallic Copper でハガキスタンプを押して、
ミニアプリケーターでスタンプ柄もふくめてまわりをぼかします。
EZMount-20.jpg

Metalextra PheasantGold も汚しに使います。
EZMount-21.jpg

そして、Plum でスタンプして、ドライヤーでピグメント部分を乾かします。
EZMount-22.jpg

ColorBox Pigment Metallic Bronze で先ほどのモチーフの上に同じモチーフをかさね押しします。

EZMount-23.jpg

PheasantGold でハガキスタンプも重ね押しします。

EZMount-24.jpg

ボーダースタンプを、Copper でスタンプ

EZMount-25.jpg

メタリック系で押したすべてのスタンプをエンボスします。
スーパーファイン クリアーパウダーをかけました。

え~っと黒いゴミがいっぱい混入していますが、私の扱いが悪いだけで、
現物にはこんなゴミ、一切混入していませんのでご安心を^^;

EZMount-26.jpg

ピグメントの部分がドライヤーを当てても湿っているので、パウダーがあっちこっちにつきます。

EZMount-27.jpg

筆で平面部分ははくようにして取り除き、スタンプ部分全体についている余分な粉は、
筆をたてて軽くとんとんたたけば、ライン以外のところはとれます。
このときの筆は出来るだけやわらかい筆を使用してくださいね!
画像の筆はレンジャーのパーフェクトパール フラットの筆となります。
ない場合は、アイシャドー用などの柔らかい筆を使ってくださいね!

EZMount-28.jpg

ヒーターでエンボスします。

EZMount-29.jpg

最後にタイトルスタンプを Cobalt で押します。

半分ずつつけて押してくださいね!

EZMount-30.jpg

EZMount-31.jpg

バタフライのでかいスタンプをエンボスします。
クリアエンボスインクをつけてスタンプ。

EZMount-32.jpg

このままクリアーパウダーをかけてエンボスしても素敵ですが、
今回がシアーなゴールドパウダー AncientGolds Gilded Gold を使用。

EZMount-33.jpg

EZMount-34.jpg

スケルトンリーフに色をつけて、コーナーに貼り付けます。

EZMount-35.jpg

最後にタタードグリマーグレイズ Fuzzy Coconut をのばしながらしみっぽくつけてコーティング。

EZMount-36.jpg

EZMount-36-1.jpg

文字スタンプを押したものから好きな文字を切り取ってポップアップしてはりつけます。

EZMount-7_20120109132514.jpg

メモリーカプセル 1インチを加工してはりつけて完成です!
EZMount-37.jpg


カラーボックスピグメント部分は、レンジャーピグメントでもぼかし可能です!

ささっとできるのに、いっぱいスタンプが重なってて、いい感じのタグが出来上がります。
グレイズやぼかしの練習にタグは丁度良い感じなので、
是非作ってみてくださいね!


ダークルームドアースタンプと一緒に本日販売開始です!


scrapbits オンラインストア

時間前に商品は一度消えてしまいますが、22時に表示されます。

ではでは、今晩22時にお待ちしております!

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

== メディウム勉強中 

2011/09/01
Thu. 13:11

MBoard-4.jpg

10月7日のOneDay で作成する、ビーズワックスを使った作品の応用です。

ビーズワックスと筆で作成するのですが、
レンジャーサイトでは、ビーズワックスの色付けにパーフェクトパールをつかっています。
なんどかその組み合わせで作品を作りましたが、
のちのち手につくのと、つけてるときの粉の舞いがすごいので、
舞わないグレイズ系を使用してみました"^_^"

私の焦げ茶コレクションにあうように、テーマはコンクリートだったので、
ビーズワックスに色を混ぜコンクリート風にして、その上からグレイズで汚しています。
とりあえず作ったものなので、ペーパーはそのまま貼っただけですが、
ここもWaxをかけてから作成するともっとなじんでよい感じなるかと♪
MBoard-5.jpg

赤のペーパーは、講習会に使う Lynne Perrella Artist Paper の残りを、
これまた箱ものででたカバーのあまりに貼って作っています。

そして、Waxを久しぶりにだして火がついたメディウム系、
今色んなメディウムをお勉強しています♪


こちらは砂とファブリックメディウムを使って作った作品。

メディウムのお勉強をするために、iPhoneのトイカメラ絵画風アプリを購入していたので、
それで撮った生徒さんのお子様 "つ~ちゃん" の写真を使いました。
MBoard-1.jpg

もこっとするメディウムなので、スタンプも使えるかもと押してみたら、
ダメなものといけるものに分かれましたが、ひとまず希望通りスタンプ面がへこんで、
いい感じに仕上がりました♪
この押すタイミングとかも、もっと " いいタイミング " を見つける必要ありですが。
 MBoard-2.jpg

こちらはモールディングペーストを使用しました。
ちゃっちゃと塗るだけで凸凹してくれるので、レジン風のエンベリとかできないかと。
MBoard-3.jpg

どのメディウムもはじめて使ったので、ただ塗っただけになっちゃいましたが、
各メディムのテクスチャーや乾く速度などわかったところで、
本当の使い方は英語でさっぱりわかんないので、
私流の使い方で、アレンジに挑戦してみます♪

簡単に取り入れらるものができれば、皆さんに公開できればと思います!(^^)!
MBoard-6.jpg

こんな感じで、気になるメディウムを見つけたら、まずは使ってみることですね。

熱を加えなきゃ完成しないとか、定着させるのに下地が絶対に必要とか、
そういった基本だけ守れば、あとはどう取り込もうと個人の勝手なので、
ひとまず楽しんでみることです♪

その基本がわからないものでも、使えばわかるものがほとんどなので、
考えたり調べたりも大事だけど、まずは実際の失敗経験が大事です^^;


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。